アイランドシティ生涯すこやかタウン協議会

前に戻るACAP2011開催にあたってスケジュール

ACAP2011

委員会報告書
SEAC-ACAP
バリ会議

高齢者に優しいまちづくりのための東南アジア会議

主催

• アジア太平洋アクティブ・エイジング会議(ACAP : Active Aging Consortium Asia Pacific)
•インドネシア大学エイジング研究センター(CAS-UI :Center for Ageing Studies Universitas Indonesia)
•インドネシア高齢者問題国家委員会(NCOP : National Commission for Older Persons Indonesia)

協力


•NPO法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター(AABC):日本・福岡市
•アジア太平洋老年研究学会(APIAS : Asia-Pacific Institute of Ageing Studies, Lingnan University):香港・リンナン大学
•インドネシア老年学会(Indonesian Institute of Aging)

後援

•インドネシア共和国社会省
•インドネシア共和国教育省
•国際交流基金日米センター

日時

•2011年10月13日(木)~14日(金)

場所

•インドネシア共和国 バリ島


開催にあたって

21世紀前半は、人口の高齢化に対応するためのきわめて重要な時期となります。アジア及び太平洋地域において60歳以上の高齢者人口が急速に増大し、2007年は4億1千万人、2025年は7億3千2百万人、2050年は10億3千万人となります。パーセンテージでみれば、高齢者は現在の10%から、2025年は15%、2050年には25%に達する見込みです。

人口の急速な高齢化は、東南アジアを含むアジア地域に変化をもたらす最大の要因の一つです。2009年時点においても、世界の高齢者の約54%(3 億9千9百万人)がアジアに居住しています。しかし、高齢者の急増は、各国が前もって、高齢者の能力活用と継続的な社会貢献を促進する施策を準備しておくことにより、思いがけない恩恵をもたらすものとなるでしょう。重要な戦略は、エイジング・イン・プレイス(住み慣れた地域で心豊かに安心して暮らすこと)を促進し、高齢者に優しいまちをデザインし、それによって高齢者の積極的な社会生活を支援することです。

これらのことを考えて、ACAPは、インドネシア政府の高齢者に優しいまちづくりのための東南アジア会議の開催に協力することにしました。

この会議においては、東南アジア、アジア太平洋地域、ヨーロッパからの専門家とともに、世代間交流、エイジング・イン・プレイス(住み慣れたところで歳をとる)、エイジ・フレンドリー・シティ(高齢者にやさしい都市)、ユニバーサルデザイン、住宅、地域ケア、家族介護、介護人材の国際移動その他のテーマに関する新たな潮流と発展を共有することになるでしょう。

また、発表者は、高齢者に優しいまちづくりを進めるにあたってのさまざまなベストプラクティスを、文化や経済が異なる東南アジア諸国にいかにして適応させていくか、その方策について論議することにしています。

会議は10月1日が国際高齢者の日であることを記念して開催されます。ACAPは10月13日にセッションを受け持ち、あわせて14日に視察を行うことにしています。

目的

1. 高齢者に優しいまちづくり実現のための戦略への理解を促進する。

2. アクティブ・エイジングの概念と実行に関する理解を促進する

3. 高齢者に優しいまちまちづくり、エイジング・イン・プレイスに関する調査研究における協力・連携を強化する

4. 高齢者に優しいまちづくり、エイジング・イン・プレイス推進のための提言を発表する。

参加者

会議は、東南アジア及びアジア太平洋の政策立案者、研究者、産業界、サービス提供者など約200名が参加予定。ワークショップには、高齢者に優しいまちづ くりの調査研究を進めているACAPから20名以上のメンバーが参加する他、介護の問題に関心を持つ50名以上の人々が参加予定。

場所

インドネシア共和国 バリ島

サヌール・パラダイス・プラザホテル

日時

•2011年10月13日(木)~14日(金)

参加費

•インドネシア国内 100ドル

インドネシア国外 150ドル

現地視察(10/14) 50ドル (交通費・軽食・昼食・チケット代)

オプショナル・ツアー 別途


申込及び支払方法

申込用紙をダウンロードの上、お申し込みください


スケジュール

2011年10月13日(木)

08:00-08:30 受 付

09:00-10:00 開会式

10:00-10:30 歓迎の踊り

10:30-12:30 基調講演

  • マクムール・スヌシ博士 インドネシア社会省福祉リハビリテーション局長(インドネシア)
  • サラ・ハーパー博士 オックスフォード老年学会代表(英国) 「ヨーロッパとアジアにおける世代間交流の変化」
  • 秋山弘子博士 東京大学高齢社会総合研究機構(日本) 「2030年にむけた高齢者に優しいまちづくり」
  • アルフレッド・チャン・チェン・ミン博士 アジア太平洋老年研究学会代表(香港) 「高齢化に向けてまず取り組むべき政策的課題」
  • 大野 俊博士 京都大学東南アジア研究所特任教授(前九州大学アジア総合政策センター長) 「高齢化社会における越境ケアの時代-日本でのインドネシア人・フィリピン人看護・介護労働者受け入れの諸問題の探究」

12:30-13:30 ランチ

  • ポスターセッション

13:30-15:30 パネルセッション

  • パネル1 高齢者に優しい都市と地域づくり
  • 「高齢者に優しいまちづくりを支援するICTの推進」 韓東希博士 釜山広域市健康家族支援センター(韓国)
  • 「高齢者に優しいまちづくりのための高齢者団体の役割」 ティテゥス・クルニアディ博士 インドネシア高齢化研究所(インドネシア)
  • 「高齢者に優しいサービスの実施からシンガポール・サクセスフル・エイジングセンターが学んだ課題」 マリー・アン・ツァオ博士 ツァオ財団(シンガポール)
  • 「エイジング・イン・プレイス環境の開発としてのユニバーサルデザイン」 アロイシウス・バコロ・ジュニアント医学博士 ペリタ・ハラパン大学(インドネシア)
  • 「香港における高齢者に優しい地域づくりの増進のための世代間関係」 フォーブ・タン博士 アジア太平洋高齢化研究所(香港)
  • パネル2 介助及び介護の資格養成
  • 「アジア太平洋における国際的介護・看護人材養成のための連携」 小川全夫博士 熊本学園大学およびアジアン・エイジング・ビジネスセンター(日本)
  • 「高齢期における交友関係の決定要因」 メイリン・オエイ・ガーディナー博士 インドネシア科学院(インドネシア)
  • 「高齢者の福祉増進に対する地域福祉の役割」  テルマ・カイ博士 地方自治開発相(シンガポール)
  • 「介護施設におけるケア」 安立清史博士 九州大学(日本)
  • 「高齢者介護における相互作用戦略」 イーフ・ホガーヴォルスト博士 ルーボロ大学スポーツ健康学部(英国)

15:30-16:00 政策と実行のためのまとめと提言

  • キャサリン・ブラウン博士 ハワイ大学・ACAP代表(米国)

開会の辞

  • インドネシア高齢者国家委員会事務局長

16:00-17:30 ワークショップ

  • ワ-クショップ1 「高齢者に優しい都市とまちづくりの設計を提起する調査研究開発」
  • 秋山弘子博士 東京大学高齢社会総合研究機構 (議長) 
  • ヌグロホ・アビクスノ博士 (高齢者国家委員会) インドネシア
  • トリ・ブディ・ラハルジョ博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • スリ・ムルチニングシ・アディオエトモ博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • ベンヤミン・クスモプトゥロ博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • ファツマ博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • リダワティ・クスダニ博士 インドネシア大学エイジング研究センター 
  • インダング・トリハンディニ博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • 南銀祐博士 延世大学(韓国)
  • スザンナ・コンコード博士 ツアオ財団(シンガポール)
  • プスポ・アジュウォノ博士 高齢者市民団体
  • マルティナ・ナスラン博士 インドネシア老年精神医学協会
  • ワークショップ2 「介護の資格構築」
  • 小川全夫博士 アジアン・エイジング・ビジネスセンター理事(議長)
  • 大野 俊博士 京都大学東南アジア研究所特任教授(前九州大学アジア総合政策センター長)
  • セティワティ博士 インドネシア大学(老人看護、インドネシア大学)
  • ロイス・グリーンウッド博士 グルーンウッドマネジメントコンサルティング (ハワイ)
  • ジュニアディ・サハル博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • ブディ・アナ・ケリアット博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • ダルマヤティ・ウトヨ・ルビス博士 インドネシア大学エイジング研究センター
  • シティ・セティアティ博士 インドネシア大学医学部(老年医学
  • ユニア・スナルコ博士 ラワン病院老年精神科
  • ジュニー・グナワン博士 インドネシア老人クラブ

19:00-21:00 歓迎会

  • インドネシア高齢市民にによる省察 スジャムスヒダシャト・ロノクス教授 インドネシア学術会議

 


2011年10月14日(金)

バリのアクティブ・エイジングと高齢者のための地域サービスの視察

  • パンティ・ソシアル・トレスナ・ワナ・スラヤ デンパサール(高齢者介護施設)
  • ペルヒンプナン・ウェルドハ・セジャテラ・コタ デンパサール(高齢者グループ)

オプショナル・ツアー

  • 終日観光+夕食
  • タンジュンブノア終日観光アントニオ・ブランコ博物館、モンキーフォレスト(ウブド)、ティルタエンプル寺院、ジンバランでディナー
  • 終日観光+夕食
  • ①ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ・カルチャーパーク+ランチ、ドリームランド、ウルワトゥ、ケチャックダンス、ウルワトゥ+夕食
  • ②ダンジュンブノアツアー(ウォータースポーツアクティビティ)、ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ・カルチャーパーク、現地のレストランでランチ、ドリームランド(ウルワトゥ)、ケチャックダンス(ウルワトゥ)、ジンバランでシーフードの夕食
  • シーウォーカー(クラブアクア)
  • 含まれるもの:30分の潜水と往復送迎、軽食、タオル使用、昼食、シーウォーカー装備、更衣室
  • バウンティクルーズ
  • ①ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ・カルチャーパーク+ランチ、ドリームランド、ウルワトゥ、ケチャックダンス、ウルワトゥ+夕食
  • ②ダンジュンブノアツアー(ウォータースポーツアクティビティ)、ガルーダ・ヴィシュヌ・クンチャナ・カルチャーパーク、現地のレストランでランチ、ドリームランド(ウルワトゥ)、ケチャックダンス(ウルワトゥ)、ジンバランでシーフードの夕食
  • ハワイアンスタイルのハネムーン
  • 毎日運行:目的地-レンボンガン島